+86 13588290489

すべてのカテゴリ
EN

ニュース

人気のニュース

洗濯機(ハードウェア)

時間:2020-07-16 コメント: 52

ワッシャーは、通常はねじやナットなどのねじ付きファスナーの負荷を分散するために使用される穴(通常は中央)を備えた薄いプレート(通常はディスク形状)です。 その他の用途は、スペーサー、ばね(皿ワッシャー、 ウェーブワッシャー)、摩耗パッド、予圧表示装置、ロック装置、および振動を低減する(ゴムワッシャー)。 ワッシャー 通常、外径(OD)は、内径(ID)の幅の約XNUMX倍です。

通常、ワッシャーは金属製またはプラスチック製です。 高品質のボルト締結には、トルクが加えられた後のブリネリングによる予荷重の損失を防ぐために硬化鋼ワッシャーが必要です。

水の流れを止めるために蛇口(または蛇口、バルブ)で使用されるゴム製またはファイバー製のガスケットは、口語的にワッシャーと呼ばれることがあります。 しかし、それらは似ているように見えるかもしれませんが、ワッシャーとガスケットは通常、さまざまな機能向けに設計され、異なって作られています。

ワッシャーは、特に絶縁鋼による電気腐食を防ぐためにも重要です ネジ アルミニウム表面から。

単語の起源は不明です。 この単語の最初の記録された使用は1346年でしたが、その定義が初めて記録されたのは1611年でした。[1]

タイプとフォーム

座金はXNUMXつのタイプに分類できます。

負荷を分散し、固定されている表面への損傷を防止する、または電気などの何らかの絶縁を提供するプレーンワッシャー
ばね座金、軸方向の柔軟性があり、振動による締結の緩みを防止するために使用されます
固定装置のねじを緩める回転を防止することにより、固定の緩みを防止するロッキングワッシャー。 ロックワッシャーは通常、スプリングワッシャーでもあります。

American National Standards Institute(ANSI)は、一般的な使用のための標準を提供します 平ワッシャー. Type A is a series of steel washers with broad tolerances, where precision is NOT critical. Type B is a series of flat washers with tighter tolerances where outside diameters are categorized as 'Narrow', 'Regular' or 'Wide' for specific bolt sizes.[2]

'Type' is not to be confused with 'form' (but often is). The British Standard for Metric Series Metal Washers (BS4320) written in 1968 coined the term 'form'. The forms go from A to D for Bright Metal and denote outside diameter and thickness. They can be summarised as -

フォームA:通常の直径、通常の厚さ
フォームB:通常の直径、薄い厚さ
フォームC:大径、通常の厚さ
フォームD:大径、軽量
フォームEからGは、黒色の金属ワッシャーに関連しています。

平座金

A plain washer (or 'flat washer') is a flat annulus or ring, often of metal, used to spread the load of a screwed fastening. Additionally, a plain washer may be used when the hole is a larger diameter than the fixing nut.[3][4]

フェンダーワッシャーは、中心の穴に比例して外径が特に大きいフラットワッシャーです。 それらは一般的に薄い板金に負荷を分散するために使用され、自動車のフェンダーでの使用にちなんで名付けられました。 また、錆や摩耗により拡大した穴との接続にも使用できます。

ペニーワッシャーは、英国の大きな外径の平らなワッシャーです。 名前はもともと古いイギリスのペニーのサイズから来ています。 英国では、ODが古いペニーのXNUMX倍のサイズである場合でも、ほとんどの業界ではすべての大型ODワッシャーをペニーワッシャーと呼んでいます。 それらは同じアプリケーションで使用されます フェンダーワッシャー.

球面ワッシャーは自動調整ナットの一部です。 これは、XNUMXつの丸みを帯びた表面を持つワッシャーであり、パーツ間の最大数度のミスアライメントを修正するために、嵌合ナットと組み合わせて使用​​するように設計されています。

アンカープレートまたはウォールワッシャーは、タイロッドまたはボルトに接続された大きなプレートまたはワッシャーです。 アンカープレートは、石積みの建物の外壁に構造補強のために使用されます。 多くのアンカープレートは目に見えるので、装飾的なスタイルで作られています。[5]

トルクワッシャーは、キャリッジボルトと組み合わせて木工で使用されます。 中央に四角い穴があり、そこにキャリッジボルトの四角がはめ込まれています。 ワッシャーの歯またはプロングが木材に食い込み、ナットを締めているときにボルトが自由に回転しないようにします。[6]
スプリングおよびロックワッシャー

皿ばね座金または円錐座金としても知られている皿ばね座金は、わずかに円錐形であり、変形すると軸方向の力を提供します。

曲がった皿ばねは皿座金に似ていますが、ワッシャーが一方向にしか曲がっていないため、接触点は7つしかありません。 ベルビルワッシャーとは異なり、軽い圧力しかかけません。[XNUMX]

ウェーブワッシャー have a "wave" in the axial direction, which provides spring pressure when compressed. Wave washers, of comparable size, do not produce as much force as Belleville washers. In Germany, they are sometimes used as lock washers, however they are less effective than other choices.[a][8]

A split washer or a spring lock washer is a ring split at one point and bent into a helical shape. This causes the washer to exert a spring force between the fastener's head and the substrate, which maintains the washer hard against the substrate and the bolt thread hard against the nut or substrate thread, creating more friction and resistance to rotation. Applicable standards are ASME B18.21.1, DIN 127B, and United States Military Standard NASM 35338 (formerly MS 35338 and AN-935).[9] Spring washers are a left hand helix and allow the thread to be tightened in a right hand direction only, i.e. a clockwise direction. When a left hand turning motion is applied, the raised edge bites into the underside of the bolt or nut and the part that it is bolted to, thus resisting turning. Therefore spring washers are ineffective on left hand threads and hardened surfaces. Also, they are not to be used in conjunction with a flat washer under the spring washer, as this isolates the spring washer from biting into the component that will resist turning. Where a flat washer is required to span a large hole in a component, a nyloc nut (nylon insert) must be used.

の使用と効果 スプリングロックワッシャー has been in debate of late, with some publications advising against their use on the grounds that, when tight, the washer is flat against the substrate and gives no more resistance to rotation than a normal washer at the same torque. NASA researchers have gone as far as to say "In summary, a lockwasher of this type is useless for locking." [10][11] However, a spring washer will continue to hold the bolt against the substrate and maintain friction when loosened slightly, whereas a plain washer will not.[b]

鋸歯状ワッシャーまたはスターワッシャーとも呼ばれる歯付きロックワッシャー[8]は、半径方向内側または外側に伸びてベアリング表面に食い込むセレーションを持っています。 このタイプのワッシャーは、アルミニウムやプラスチックなどの柔らかい素材でロックワッシャーとして使用すると特に効果的であり[8]、ワッシャーと表面の間に張力がかかるため、硬い表面のプレーンワッシャーよりも回転に抵抗できます。はるかに小さな領域(歯)。 内部、外部、組み合わせ、皿穴の12つのタイプがあります。 内部のスタイルは、ワッシャーの内側の端に沿ってセレーションがあり、より美的に心地よくなっています。[13] 外部スタイルは、外周が大きいため、外縁の周りにセレーションがあり、保持力が向上しています。[14] 組み合わせスタイルは、最大の保持力のために、両端にセレーションを持っています。 皿穴スタイルは皿ネジで使用するように設計されています。[15]

歯のロックワッシャーは、金属ラグまたはオブジェクトを表面に電気的に接合する必要があるアース接合にも使用されます。 ワッシャーの歯は、表面の酸化物、塗料、またはその他の仕上げを通り抜け、気密な導電経路を提供します。 これらの用途では、ワッシャーはねじの頭の下(またはナットの下)に配置されておらず、接合される表面の間に配置されています。 このような用途では、歯座金は回転防止ロック機能を提供しません。[16]

Lock washers, locknuts, jam  Nuts , and thread-locking fluid are ways to prevent vibration from loosening a bolted joint.
ガスケット

ワッシャーという用語は、制御弁をタップでシールするために使用されるものなど、さまざまな種類のガスケットによく使用されます。 クラッシュワッシャーは、アルミニウムや銅などの軟質金属でできており、内燃機関に見られるような流体やガスの接続をシールするために使用されます。

ショルダーワッシャーは、一体型の円筒スリーブを備えたプレーンワッシャータイプです。 それらは、別々の異なる金属タイプを維持するために、およびシールとして使用されます。 この用語は、グロメットを電気的に絶縁するためにも使用されます。
特殊タイプ

KepsナットまたはK-lockナットは、一体型の自由回転ワッシャー付きのナットです。 ワッシャーが拘束されているため、組み立てが簡単です。

シルクハットワッシャーは、配管に使用するタップフィッティングの肩ワッシャータイプです。

絶縁ショルダーワッシャーを使用して、取り付けネジを固定面から電気的に絶縁します。 多くの場合、ナイロンで作られていますが、これらもテフロン、PEEK、または高温に耐えられるその他のプラスチックで作られています。

キー付きワッシャーには回転を防止するキーがあり、XNUMXつのナットを所定の位置にロックするために使用されます。上部のナットに加えられるトルクによって下部のナットも回転することはありません(自転車のねじ付きヘッドセットなど)。

前: なし

次 : リベット